歯科インプラントの研修に行ってきました

2/17 倉敷チボリ公園アンデルセンホールにて行われた歯科インプラントの研修に行ってきました。
チボリ公園は初めてだったので、すぐ近くのホテルを選びましたが、これが大失敗。おんぼろホテルでした。まあちょっと寝るだけなのでたいしたことはないですが、ネットで見た感じとは違いましたね。
倉敷駅から出てすぐ記念写真を撮りました。

tibori1.JPG

 その後、講師の林先生を囲んでの懇親会に参加して、貴重なお話をお聞きできました。
翌日は10時から16までの研修で、予定人数をオーバーして100人は超えていた気がします。やはり最近の潮流である抜歯即時埋入、即時負荷は人気がありますね。Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

林先生がよく言われる「患者さんに優しいインプラントとは?」を実践する内容であったが、私も同感することが多くて大変参考になりました。

研修終了後に倉敷駅より再度チボリ公園前を撮りましたが、日曜日なのに人手が少なくてチボリ公園の不振が明らかでした。研修の合間に窓の外を見ても園内は閑散としていました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

歯科検診(三原市3才児検診)に行ってきました

si_15.jpg



今日は3才児の歯科検診の当番だったので、サンシープラザに
出かけた。いつも私の当番の日は、なぜか少ないというジンクスが
あったが今日は違っていて、いつもの倍近い人数だった。



お母さんに今日も同じ話ばかりしていた。
半数以上の子供が過蓋咬合気味なので、前歯でかむ大切さを訴え続けていた。
過蓋咬合とは、下顎が引っ込み気味で噛んだ状態だと、上の歯に隠れて
下の歯が見えない噛み合わせです。
いろんな原因があると思うが、一番は前歯で噛むことが少ないためと思う。
このことは歯がきれいに並ぶ隙間がない問題も起きやすいです。

お母さんによく噛んでねとお願いすると、硬いものを食べさせますという返事が
多いですが、硬いではなく、大きいがポイントです。
とにかく硬いものでも柔らかいものでも大きいまま食べさせてください。
大きければ、必ず前歯で噛み切らないと食べられません。
このことが本当に大切です。

突き詰めれば授乳、離乳から関係することではあるが、食べやすいように食材を
小さくして子供に与えることが多すぎると思う。小さいほうが食べやすいし、きれいに
食べてくれるので合理的に見えるが実はそうとも言えない。

小さければ前歯(切歯)で噛む必要がないので、前歯周辺は正しい機能を果たせず、
発育しにくい環境になります。
この積み重ねが不正咬合を作り出します。小学生になって矯正治療が必要になれば
10~100万円の治療費がかかってしまいます。
厳密に言えばお子様の60~70%の矯正治療が必要といわれています。

お母さんが作る幼稚園のお弁当の中身を見れば、一口サイズのオンパレードですが、
これを何とかしたいですね。食べるのも教育ということで、
昼ごはんの時間をもっと
長くして、
大きな食材を時間をかけてでも食べさせることができないものかと思います。
正直、幼稚園の前から問題は発生していますが、幼稚園でなるべく是正できる体制に
した方がいいと思います。

言うは安し、行うは難しであることは承知していますが、みんなで何とかしたいものです。


私の歯科インプラント(4)写真b 怖がりの人は見ないでね


前回の続きです。インプラントを入れたのが11月下旬でした
インプラントが少し安定するのが、条件が良くて順調ですと6~8週間後です。
私の場合、6週間でやろうと思っていましたが、忙しくて遅れてしまい、8週間後でした


2次オペを歯科衛生士にしてもらいました。経過が順調ならばそれほど簡単ということです。
 

DSC01671.JPG

前回につけたインプラントの
青いキャップを外します

前回にキャップをつけないで
歯肉で覆い被せた場合は
麻酔をして歯肉に穴開けします
痛いというほどではないです










DSC01672.JPG
インプラントが歯肉の中に見えます
今回は麻酔の注射はしていません
写真の見える歯肉のくぼみに綿球で
表面麻酔を塗りました

骨ができ過ぎていたりすると
麻酔の注射が必要になることもありますが
痛いというほどのことはありません







DSC01674.JPG
このインプラントにネジで上部構造を固定します
既製品ではなく、カスタムメイドで上部構造を作る方法もありますが、今回は既製品を使ってみることにしました
本当はもう少し太いタイプを使うほうが良いと思います














DSC01677.JPG
ねじ込んでいるところです














DSC01680.JPG上部構造が固定されました
今回はこれで終わります
しばらく歯肉が落ち着くのを待ちます
その後この上に被せて終わりです
 
 

私の歯科インプラント(3)写真a 怖がりの人は見ないでね


私のインプラントのオペ写真です。
さすがに自分ではできないので、友人の歯科医にお願いしました。
 

DSC01256.JPG
術前です
右下の一番奥に埋め込みます












DSC01260.JPG
痛そうですが麻酔していますから大丈夫です
歯肉を少し剥がしました
条件が良くて歯肉を剥がさずにできれば
術後の痛みはほとんど痛くありません











DSC01266.JPGドリルで骨に穴を開けます
これも痛そうですが大丈夫です
歯肉よりも骨のほうが痛みが感じにくいようです

ただ、削るときに振動がありますので
こっちのほうが気になります









DSC01268.JPGインプラントを埋め込みました














DSC01272.JPG青いキャップに交換して少し縫いました

これで今日は終わりです
 

私の歯科インプラント治療 (2)

 

HAインプラントを埋入して8週目に入りました。骨の条件は良いので、そろそろインプラントの上に土台を継ぎ足して、冠をかぶせる直前の状態にしようと思います。本当は昨日やってもらおうと思いましたが、時間が無くて残念でした。

術後の経過は、ほとんど痛みも無くまったく順調でした。同時期にHAインプラントを入れた患者様は1週間ほど歯肉が少し痛んだようです。その違いはおそらく私が鈍感だから(笑)もありますが、たぶん歯肉の剥離の量の違いです。骨の状態の関係で私の方が少なくて済みました。

やはり無剥離が一番痛みが無くて、剥離が多くなるほど痛みが出るようです。できるだけ剥離を少なくしようと思いますが、林先生のようにはいかないのが残念です。もう少しスキルアップを目指さないといけません。

土台を継ぎ足したらすぐに、ジルコニアの冠を作って仮付けしたいと思っています。個人的には大臼歯部にセラミックは好きではないのですが、ジルコニアの性能を試してみたいのです。夢のセラミックといわれるジルコニアですが、残念ながら、私はまだ患者様にセットしたことが無いのです。もっとも出てまだ新しいので仕方ないのですが、最も高額でもあるので、いつ患者様がしていただけるのかもわかりません。ですから自分を実験台というか、まあ遊んでみようというわけです。

特に試したいのが、他のセラミック冠では絶対禁忌である仮付けをしたいのです。本当に仮付けが可能か自分で試してみたいです。これができたら、たぶん患者様に自信を持ってお勧めするでしょうね。カタログにあるように、本当に割れないのかな?まだちょっと信じられません。もっとも大臼歯部のセラミックを患者様にはお勧めしませんが・・・

 

 

 

歯科インプラントQ&A (2)

Q インプラントをした後はメインテナンスが必要と聞きましたが、これも費用が高いのでしょうか?

A
インプラントを意識する必要はありません。ご自身の歯と歯肉のために2~3月ごとにPMTC(歯のクリーニング)をお受けになられることをお勧めします。これで十分です。費用もインプラントがあるからといって高くはなりません。通常と同じく保険診療です。


Q インプラントを埋め込んでから、冠が入って噛めるようになるにはどれほどの期間がかかりますか?

A 
治療期間は骨の状態や抜歯即時埋入かどうかで左右されますが、下顎の場合は通常2~3ヶ月位、上顎の場合は2.5~3ヶ月位で歯を装着することができます。ただし、抜歯即時埋入やサイナスリフト法を使った場合は、上記期間にプラス1~2ヶ月となります。本院が採用しているHAインプラントは治療期間を短めにできる優れたものです。

ホームページのリニューアル

昨年末より河田歯科医院HPを大幅に刷新中です。
と言っても自分でしているので、時間がないので完成はいつになるかめどが立ちません。

考えてみると、10年ほど前にマックのワープロでHTMLをすべて手入力して作ってから
4回目の大更新になります。マックのHP作成ソフト(名前は失念)ができた時は
すごい省力化になりうれしかった。その後ホームページビルダーを使うために
Windowsに代えてずいぶんになります。

今回はMovableTypeというソフトで作っていますが、これが私には難しい!
ホームページビルダーのお手軽さが私にはちょうどいいかもしれません。
ブログタイプの特徴を生かしたいためのソフト変更ですが
生かしきれるかが今後の課題です。

HPの方はいろいろ不具合や工事中がありますので、ご容赦ください。

歯科衛生士が退職しました

一昨日は歯科衛生士の送別会だった。

有能な歯科衛生士だったので歯科医院としてはとても残念だが、彼女の幸福を祝うしかない。
小さな町のため、結婚するといつも当地を離れるため、続けて勤務してもらったことが一度もない。
本院で経験を積んだ大切な歯科衛生士が残ってくれないのは真に残念だ。

幸い、新卒の歯科衛生士が4月から勤務してくれることになっているので
患者様へのサービス低下も短期間で済みそうで助かった。

しかし、歯科衛生士の需給関係は完全に逼迫していて、
何年も補充できていない歯科医院もかなり多く、診療にも影響が出てきている。
おかげさまで、本院は歯科衛生士に関しては開業以来かなり運が良く、ありがたいと思っています。

予防歯科を基礎とした、最新の歯科治療をめざすと
歯科衛生士の存在は極めて重く、田舎町にしては珍しく
多くの歯科衛生士に勤務してもらってきました。
その歴史があるので、歯科衛生士が逼迫した近年でも
割と円滑に補充、増員ができてきました。

4月からは新卒の歯科衛生士の教育が必要なので
私もその準備のために、勉強し直さないといけません

http://eiseishi.cwn.jp/

歯科インプラントQ&A (1)

不定期でインプラントのQ&A を書いていくことにしました

Q インプラントって骨に穴を開けて入れるそうですが、安全性は大丈夫でしょうか?

A
インプラントを入れること自体は特に問題は起きていないようです。一番問題になるのは下の奥歯にインプラントを入れる手術時に神経や血管が入っている管(下顎管)を損傷することです。それを防ぐために、普通の平面的なレントゲンだけでなく、立体的に把握できるCTの利用が望まれます。CTを使っても完全とは言えませんが、安全性がかなりアップするのは確かですので、全症例にCTを使うようにしたいと思っています。


Q インプラントをするメリットは何でしょうか?

A 
私が一番のメリットと思うのは、1本歯が抜けた時に、代わりにインプラントをすぐ入れるケースです。普通は両隣の歯に負担を強いることになり、結果的に両隣の歯の寿命を短くしてしまいます。インプラントだと負担を強いないので、1本の歯を失っても、歯列全体への悪影響が少なく対応できます。このことが歯列全体が長持ちすると思います。患者様的には取り外しの義歯にならざるを得ない場合でも、義歯の代わりに対応できることがメリットに感じられると思います。

私も歯科インプラント治療を受けてみました

昨年の11月下旬に、私も右下第二大臼歯部にHAインプラントを埋めました。
10年ほど前から小さな義歯を使っていて、私は不自由はなかったのですが、患者様に新しいHAインプラントを積極的に勧めるようになったので、患者様の立場を体験すべきと思い手術を受けました。

市内の友人に手術していただきましたが、順調に経過していまして、今月中には被せまで入れる予定です。
今資料を整理中で、準備ができましたら説明用にアップする予定です。近頃は個人情報保護法の関係でいろいろな資料の提示が難しくなりましたので、絶対に問題のでない自分の症例でご説明しようと思っています。

手術中に麻酔が浅くなりましたが、あえてそのまま手術を続けてもらいました。痛みがどれほどと体験したかったためですが、さすがにインプラントをねじ込む時は痛みが強かったです。痛かったですが、どんなものかよくわかってよかったです。絶対に麻酔を追加すべきだとわかりました(当たり前ですが・・・)

術後も抗生物質は飲みましたが、痛み止めは飲まずに実験しました。ただ思いの外、痛みが少なくて拍子抜けしました。粘膜の剥離が少なめだったからだと思いますが、症例によっては剥離が大きくなると痛みが出やすいようです。

骨を削って穴を開けると聞くと、すごく痛そうですが、骨というものは意外と痛みは感じないようですね。文献にもそう書いてありますが、私の体験でもそのようだと思いました。