新型インフルエンザ対策にブラッシング(口腔清掃)

 

夏なのに新型インフルエンザは衰えずに、渡航歴のない患者さんも発生するようになり、感染者は全国で2000人を超えたそうです。秋口からはさらに増えると予想されて、どうなっていくのでしょうか?もう特別なインフルエンザでもないような気がしてきました。

ところで、インフルエンザの予防にブラッシングによる口腔清掃が効果があるという話題は皆様ご存知ですか?歯科界では常識なんですが、一般的になかなかアナウンスされていないのはどうして?

以前NHKでも取り上げられたことがありました。
http://wonderland.livedoor.biz/archives/51135806.html
歯磨き指導でインフルエンザ発症率が1/10になったとかと取り上げられられました。

エビデンスが足らないという反論もありますが、マスクだって同じようなものだと思います。
マスク+手洗い+うがい+歯磨き
を歯科医師会としては啓蒙した方が良いと思います。

私は信じていますので、うちの患者様には強くお勧めします。

体の中で最もばい菌の多いのは口の中です。
口から全身にばい菌がたくさん供給されて、いろんな問題を引き起こします。
インフルエンザも然りのようです。

ここもご覧ください!
http://www.gcdental.co.jp/essay/vol25.html

 

 

 

 

 

歯の衛生週間事業(三原市歯科医師会)

 

 6月6日(土)13時30分より「2009歯―モニーフェアinみはら」が三原市総合福祉健康センター(サン・シープラザ)にて開催されました。私と本院の歯科衛生士も5名全員参加しました。

 会場では、三原市からの委託事業となっている「2才児歯科検診」「おとなの歯科検診」が約300名の希望者に行われる中、会員および歯科衛生士によるブラッシング指導、歯科相談、口腔細菌観察、よ坊さんに関するクイズや、三原市食生活推進協議会の方々による「歯によい料理」の試食、「食事バランスガイド」の説明なども行われました。 

 

F1000097.JPG

 

 つづいて、午後4時より、1713点もの応募があった「むしば予防図画・ポスターコンクール」の表彰式が行われ、五藤三原市長の出席のもと坂内大造会長より24名の入賞児童に表彰状が手渡されました。

 

ハーモニ09b

 



 新型インフルエンザの影響によるイベント中止も懸念されたが、そのような事態もなく好天にも恵まれ、今年も1500名を超える来場者があり迷子が発生するほどの大盛況でありました。