原因不明の口腔顔面痛 三環系抗うつ薬 / SNRI


多忙で患者アンケートの集計が遅れましたが
舌姿勢補正器TonguePostureCorrector(TPC)の報告です。
処理が遅れて溜まってしまい今回は20ケースです

いびきのが改善した方はけっこういました
なかなか苦戦していますが
今はシーパップをしている重症の方に効果を出そうとトライしています

20181104_140809

一番嬉しかった症例は’7人目のイニシャルST(エクセルの表でNo.140)の患者さんで、TPCですぐにかなり効果は出ましたが、顎のだるさや耳の違和感などはなかなか改善しきりませんでした。それで原因不明の口腔顔面痛といわれるもの(病名はない)も含んでいるかもしれないと考えました。この場合、三環系抗うつ薬が有効な時あると知っていたのですが、歯科では処方できないので困っていました

たまたまなんですが、同じ目的で通院していた内科でいろいろ薬を変えているうちに、三環系抗うつ薬と同じような効果があるSNRI処方されました。そしたら困っていた症状がかなり改善しました。やはり本のとおりだと実感でき勉強になりました

このような場合に、内科、心療内科、精神科を受診して処方してもらいましょうと伝えても、なかなか受け入れてもらえないので困っています。今回はたまたまうちに来る前から医院で抗うつ剤を処方されていたのでラッキーでした

歯科では処方できないし、このようなケースの薬のさじ加減は難しいので心療内科か精神科がおすすめなんですが、より拒絶されやすいので困ります(泣)

患者アンケートPDF NO.129~149(20ケース)

患者アンケートすべて(PDF&エクセル) はこちらのページ最下部にあります

 

コメントを残す

  • (will not be published)