ガム療法

メニュー 噛みしめ 割り箸テスト 顎関節症 バイオ・・ 操体法 顎の体操


ガム療法は元東京大学付属病院負ネ口腔外科講tの西原告ャ氏が指導されている方法です。
要は噛み癖でないほうの側であごを引いて正しい姿勢でガムを噛めば良いのです。
それをくり返すことにより、顎のずれがある程度修正されます。
ガムはできるだけキシリトール入りをお薦めします。
詳しく知りたい方は西原先生のHPへどうぞ。

西原先生の強調されていることは、口呼吸、片側噛み、寝相 この3つがトライアングルを形成して悪循環になっていることです。р烽ネるほどと思い当たる節があります。

具体的には
頬杖、寝相により5ミクロン/桙フオーダーで歯が動く
正しい姿勢で左右片寄らないように噛んで食魔竡靴・BR> 口唇を閉じてゆっくりと30〜40回噛む
口呼吸ではなく鼻呼吸 胸式呼吸ではなく腹ョ呼吸
などです。

ガム療法だけでなく、西原ワールドには非常に面白いことが記載されていますので一度読まれることをお薦めします。特に「生物は重力が進化させた」は最高に面白いと思いました。

 



メニューへ戻る



ご相談は掲ヲ板をご利用ください