TPCの作り方 (低位舌、TCH、ドライマウス)

リクエストが有りましたので、TPCの作り方をまとめました

       ※都合で模型が統一されていません m(_ _)m

1 上下顎印象採得、私はアルジネートでとってます
P1100405c

2 義歯と同じく上顎の模型の口蓋面のアンダーカットをWAXで軽く埋めます。ですのでアンダーカットは殆どない状態ですが、殆どの症例で口腔内に入れると舌がサポートしてくれるため安定しています。セット時に維持不足ならば、隣接面に接する付近に即時重合レジンを少し盛って口腔内で圧接すれば簡単に修正できます
P1090642c P1090643c

3 石膏分離剤を塗ってから即時重合レジンを盛って作ります

P1100410c

4 即時重合レジンが硬化したら模型から外します

5 WAXを湯で溶かして流します
P1100412c

6 レジン体を大雑把に形態修正します

7 レジン体を模型に戻します

8 対合歯に当たらないように注意して、突起部を即時重合レジンを盛り上げて作ります
   下の歯に全く当たらない位置と高さに設定してください
   できるだけ切歯乳頭付近で、下顎前歯に当たらない位置から
   できるだけ後下方に伸ばして7ミリ以上の長さになれば完璧です
   ただし7ミリ以下でもダメではありません。できるだけ長くでOKです

  バイトが深い人、後方運動距離の長い人の場合は長さも形態も制約されますが
  仕方ないので制約された中で形態を決めます

  突起部を後下方でなく前下方に作ることもあります。

  難しく考えることはないです
  まず作ってみて、問題があれば口腔内で削除、添加すればいいですから・・・

  どうしてもダメならスポット付近に即時重合レジンを盛って
  嚥下時の舌尖をダイレクトに印象を採って概形を作ります
    したことはないですが、間接法でも可能です
  私なら体温でフローする印象用ワックスとかアダプトールかな?

  近頃はセットして3ヶ月以上経っている患者が再来した時に
  バージョンアップとして、この直接法を実施しています

  いずれにせよ、印象前にほぼ正しい嚥下できないといけないので
  この印象法は初回には適さない気がしています

  まずは舌尖をスポットに当たるようになることで60点ギリギリ合格
  それから、ある程度使ってもらうと正しい嚥下が少しわかってきて
  舌背が口蓋に近づくようになりやっと印象法がOKになります

  さらに、あいうべ体操や空嚥下をしながら舌を鍛えて
  100点を目指すのが良いと感じています

9 レジン体が全く対合歯に当たらないことを確認してから
   舌に好かれるようしっかり研磨して下さい

20170221_072832 20170221_072857 20170221_073614
言い訳です ^^;

 上の写真はわかりやすくするために
 カラーリングしましたが、塗りムラなどで表面が荒れています
 この点は無視して下さい
 本当はしっかりと研磨してツルツルに仕上げています
 ほぼ標準的な形態と考えて下さい
 ちなみに下の写真の突起部は7.5ミリです

 幅はこのケースは少し細身で角ばった感じですね
 対合歯との関係で丸っこくて半円に近い形になることもあります

 

 

コメントを残す

  • (will not be published)